読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超犬ラボ

犬塚さんのブログ

ファインディング・ドリー

f:id:Inuduka:20160814004458j:plain

 

ファインディング・ドリーを観てきました。

ファインディング・ドリー」なのか「ファインディングドリー」迷うところですが、

正式にはファインディング・ドリー」です。

ニモも正式にはファインディング・ニモ」の表記が正しいです。

ちなみに「ファインディング」っと言うのは「探す」の動詞系ですので、

ファインディング・ニモ」ならば、「ニモを探す」っという意味で、

ファインディング・ドリー」ならば、「ドリーを探す」っという意味ですね。

映画の内容的にはドリーが両親を探す話なので、

「ファインディング・ペアレンツ」ではないかとも思いますが、細かい事は気にしないです。

先月、観た「ズートピア」も面白かったですが、今日観た「ファインディング・ドリー」も実に面白い。

主人公は直ぐに忘れる。忘れる事に関しては誰にも負けないドリーでして、

ひょんな事から生き別れになった両親を探す旅に出ます。

ドリーは物忘れの名人(魚)であるとともに常に誰かに助けて貰うことの名人でもあります。行先で様々な魚類やその他に助けて貰います。

特に水ダコの「ハンク」が色々とカッコ良い。

ディズニーらしい爽快感、疾走感ある動きが気持ちいです。

観てない人は、是非映画館で観る事をおすすめします。

最後は、映画館で笑っちゃいましたよ。

以下、ややネタバレ的な考察。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジンベイザメの「デスティニー」ですが、作中ではくじら語を話します。

一作目「ファインディング・ニモ」でドリーがクジラ語を話しますが、ドリーがクジラ語を話せる謎が解けます。っと同時にジンベイザメはサメだからクジラ語は話せないんじゃないですかね??

それとそんなジンベイザメの「デスティニー」に餌を与えるシーンですが、普通に魚をあげています。ジンベイザメの主な餌はオキアミやイサザアミ、サクラエビなどの小さい甲殻類です。

最後エンディングロールで海洋生物監修に「さかなくん」の名前が出てきますが、さかなくんの勘違い?

それともジンベイザメの知識で一般に言われている事のほうが間違いでしょうか?

 

この曲が気になる人も居ると思うので、貼っておきます。

ルイ・アームストロング~What a Wonderful World.(この素晴らしき世界)

www.youtube.com