超犬ラボ

犬塚さんのブログ

東京オリンピック

東京オリンピックの会場問題が、ニュースでやっておりますが、

 

個人的意見を書いてみたいと思います。

ボート(海の森)、水泳(アクアティックセンター)、バレー(有明アリーナ)

の既存の計画を見直しをして居ますが、

実際問題と難しいかなぁっと思います。

 

初期計画に比べて、お金がかかり過ぎるのが問題だと報道されていますが、

オリンピックを含め、オリンピック後も使えてそれ以上の見返りがあれば出資しても

良いのでは?

それに宮城の長沼ボート場は、さすがに遠すぎると思いますし、

かかる経費の試算もざっくりしていて、結局総合的に海の森水上競技よりメリットがなさそうです。

水泳のアクアティックセンター→辰巳国際水泳場も会場が小さい水深が浅いなどあり。

良い機会だから思い切って設備投資してむしろ世界最大の施設でも作れば良い。

「観光立国日本やでー。お客さん大勢来てなー」くらいの勢いでね。

バレーの競技場は、やや微妙だけど、同じく今回のオリンピックだけでなく長い目で見たときの遺産としての価値で、建設賛成です。

 

しかし、

オリンピックっだー。

祭りだー。

建設ラッシュだー。

お金使えー。

と言う意見に賛成だと言う話ではなく。

あくまでも長い目で見たときの話です。

争点は、オリンピック開催でなくむしろ、オリンピックの後に向けるべき。

これだけ設備投資したのだから何年間でいくらの経済効果が産まれるって話あいが

基本視点なのではないかなぁ。

それが、ひいては都民ファーストであり、アスリートファーストなのだと思う。

どうもニュースで聞いていると小池都知事は目の前の都民ファースト、アスリートファーストだけを言っているように聞こえてしまう。

 

競技を行う選手や組織団体もコメントを出していますが、誰だって新しい綺麗な施設で大勢の観客に応援してほしいのは当たり前だし、そんなことを自ら声高に言わなくても分かってます。

「選手のために良い環境を」「レガシー(遺産)として残るものを」

とかそんな話じゃなく「自分たちが絶対に金メダルを取ります」「でっかい観客席全部を埋める策があります」「それが出来なければ責任をとります」

くらい言えば良いのでは?

メリット(見返りが)あればよしお金を出そうってなるかもしれないではないですか。

それが、「狭いから嫌だ」「遠いから嫌だ」というコメントではふわっとし過ぎてる気がします。

・選手は結果を残す。

競技団体は、観客を呼ぶ。

東京都は、長い目で見たときの試算で予算を管理する。

のがそれぞれの役目であり責務ではないのでしょうか。

もともとの経費の試算が甘かった現実はありますが、極端に言えばコスト削減対象にされている競技はそれだけのコスト(お金)を掛ける価値がないと言われているだけで、

各競技団体はそれに対しどう対策するのかが問題なのだと思います。

 

もう一つ復興五輪としての側面があるけど、新設される他の競技で復興五輪として計画をしてはどうなのだろう。

長沼ボート場の話が出たときの現地の人たちが本当に喜んでいたけど、現実問題として、長沼ボート場での開催はきびしいでしょう。(ぬか喜びになるくらいなら計画案をだすなよくらいの気持ちではないでしょうか)

新設された競技を震災地で実施するなら調整もしやすいのではと思う。

せっかくの東京オリンピックだし多分もう生涯にこれで最後の日本開催でしょうから目の前のコストに囚われず、「やっぱり日本で開催してよかったね」と世界中の人に言われる

オリンピックにして欲しいと思います。